初めての海外生活と新米主婦の奮闘記です。 シンガポールでの日常をひっそりと記録していこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンセット

先日、殿の友人夫婦が来星してくれました☆

3泊4日、とわりとゆっくりと滞在してくれたので、いざシンガポール脱出…

とはいっても、シンガポールから船で50分ほどの、インドネシアのビンタン島ですが。

私達は2回目なのですが、やっぱり日帰り…。
(たまにはゆっくり泊まらせてくれよぉ…


今回は、ニルワナリゾートの中にあるニルワナ・ビーチ・クラブへ。

ニルワナビーチクラブ1

さすがビンタン島1(?)のきれいな海でした

ニルワナビーチクラブ2

そして静か…。
人があまりおらず、落ち着けていいんだけど、くつろげるところが少なくって、椅子の確保に苦戦してました。(レジャーシートが大活躍です☆)
アクティビティもあるはずなんだけど、静かだから、ホントにあるのかな?って雰囲気で。
でも側にはレストランもあるし、ちゃんと更衣室やロッカーもあるし。
施設は十分整っているようでした。


海辺でのんびりして、ビーチの人に案内してもらって、恒例のマッサージへ!

私たち夫婦はめずらしく、ホットストーンのコース。
1時間オイルマッサージ、1時間ホットストーンマッサージ、で2000円ぐらいだったかな?

そこで、ハプニングが…!!

殿、マッサージで脱臼…

脱臼癖がついてる左肩だから、自分でハメようとしたけど、入らず。
店の人は皆何が起こったのかわからないみたいで、気分が悪いのか、と水を持ってきてくれるのだけど、殿は苦しむばかり…

重いものを持てばハマるかも、ということで、Something heavy! と店の人に言っても、通じず…
私もパニックですよ
しかも布切れ一枚巻いた状態だからすぐに外れて紙パンツ一丁だし(恥)

とりあえず英語話せる人が来て、病院へ行こう、と。
(この病院の方が心配だと思ったり

なんとかブラブラの腕を支えながら立たせて、店員さんが気を利かせてくれて、布で腕を吊ろうとしてくれ、上へ引っ張った瞬間!
おお~
ハマりましたよ

苦痛の表情の殿の顔が一瞬で元に戻り、あとはもう何もなかったかのように…

肩をのぞいて、続きをしてもらい、殿の担当の彼女は頻繁に大丈夫か?と心配してくれ、彼女のせいじゃないのに可哀相にね。

お騒がせな夫婦でした…
一時期は、友達夫婦は無事に帰国できるのだろうか!?
また私は介護生活に入るのか!?(←以前は右肩を脱臼して、一ヶ月ほど使えない状態に)
などと、いろんなことが頭をかけめぐって、よくわからない国でのハプニングは、ホントに怖いなあ、と思い知りました。
そして、脱臼=dislcation 覚えておきます

ちなみにホットストーンは気持ちいいけど、やっぱり時々熱かったです
Hot!Hot!Hot! と言いまくり、なんだか昔流行った?ギャグを思い出しました(笑)


そして戻って、同じリゾート内にあるケロンレストランへ。

ケロンレストラン夕日

サンセットが素晴らしい海に浮かぶシーフードレストランでした。

ここで食べたペッパークラブ。
ケロンレストラン チリクラブ

私たち今まで食べた中でNo.1でした
シンガポールより安くてウマい!


友人夫婦にとってもハラハラな日でしたが、楽しんでいただけたようで、ビンタンまで来たかいがあったかな
スポンサーサイト

ロンボク島♪

9月21日(月)は「ハリ・ラヤ・プアサ」というイスラム教の断食あけを祝うお祭りで、シンガポールも祝日でした

3連休!ということで、私たちも旅行へ、と急遽決定



行き先は…、兼ねてから行きたい、と行っていたブルネイへ決定~

と、思いきや。


旅行会社に申し込み完了 した後になって。

「ブルネイはイスラム教なので、皆休みで、ホテルに滞在するくらいしかできません。」
と旅行会社から電話が。

オイオイ、1週間前に何言ってんの 
事前にわかることだろうが。 
最近始まった祭りじゃあるまいし



ということで、今回は第2希望だった、インドネシアの「ロンボク島」へ行ってきました


私は以前からバリ島に行きたかったんだけど、殿が行ったこともあり、バリよりも未開で海がきれい、ということで、バリ島のとなりのロンボク島へ


久々(来星して初めて)のにワクワク
やっと旅行できる! って気分です




残念ながら、旅行中は天気が悪く、暑いどころか寒いくらいでした
こんなこと、めったにないみたいだけど

でも、シュノーケリングで海亀と一緒に泳げたし、空は暗いけどエメラルドグリーンの海も見れたし、ロンボクの暮らしや風景も見れて、すごく満足の旅行でした

ロンボク25


ただ、やっぱりまだまだ後進国の田舎町…。

いろいろとカルチャーショックも受けてきました
実際にはどうやって暮らしているのか、どんな風に感じて暮らしているのか、とても興味深かったです。




なかなか同じところに旅行、って行けないだろうけど、また行きたいなあ、と思えるところでした

次回は暑いな時に行きたいです…(笑)








↓ロンボク珍道中はこちら (めっちゃ長いです…
続きを読む

シンガポール・フライヤー☆

先日、殿の両親が来星してくれました

自家製の米を10キロもついで…!!

その他諸々、頼んだモノ以外にもたくさんの日本のモノを持ってきていただきました。
自家製のジャガイモやおはぎの下ごしらえまで
(こちらでおはぎを作ろうと準備をしてきてくれたのです

本当に親というのはありがたいものですね
しかも、義母のおはぎは絶品なのです


義父は海外旅行経験アリですが、義母は初めて。
なんとか2人に、楽しい思い出を…
と思い、いろいろ皆さんに相談しながら考えた結果。

シンガポール・フライヤーダックツアーナイトサファリ をメインに案内することにしました。



シンガポール・フライヤーは私も初めて
かの有名な故・黒川紀章さんが設計した、世界最大級、195mの観覧車です。
28人乗りのエアコン完備。
すいてるから余計に寒い…

フライヤー3

フライヤー4

フライヤー1

フライヤー2

雨だったのが残念で、あまり遠くまで見えず
高さ的には、以前にハイティーで行った、Swissotel69階のEquinoxからの方が高くて見渡せるような?
晴れだったら、もっと見えて圧巻だったのかな~?
ほぼ全面ガラス張りだから、360度見渡せるのが売りなんだろうけど、晴れの69階からの眺めを見ているせいか、あまり私は感動がなく…

でも高所恐怖症の方にはかなりキツイかもしれませんね。(足元もけっこう見えるので。)



2人とも楽しんでもらえたかな?
2泊3日だったから、狭いシンガポールといえども、まだ一部しか見せてあげられなかったので、また来ていただいて、もっと深い部分を見せてあげたいです


やっと撮れた!

おおとかげ

ここでよく見かけるでっかいトカゲ(^^♪

だいたい、雨の降った後とかに公園へ行くと、大抵出会えます。

自転車で走っていると、目の前でスタタっ と横切られちゃうので、いっつも一瞬しか見ることができません(*_*;

やっと写真に納めることができました♪♪♪

でも、遠くからしか撮れず、角度も悪いので残念。
大きさや姿がこれでわかるかなあ…?
尻尾入れずに、10cmはあると思います。

乾いてそうだし、ペットにいそうな感じなので、日本でよく見るトカゲより、私はカワイイ、と思えるかも。
といっても、触るのは無理ですが

たまーに、コンドミニアムの庭でも見かけることあるけれど、目の前にこんなにでっかいトカゲがいたら、やっぱりビックリします。


爬虫類好きな方にはたまらない国でしょうかね?



そういえば、この前はその庭で超でかいカタツムリ?ヤドカリ?を見かけました。
それを見たのは一度きりなので、今度はこれを撮るのを目標にしようっと☆


N子との思ひで・・・最終日

N子来星4日目。
そして最終日。
この日の深夜便で日本へ帰国されます…。

最終日はやっと、シンガポールのシンボル、マーライオン様とのご対面です☆
マーライオン1 マーライオン3 

ここには本家のマー様と、ちびマー様がいらっしゃいます。
でかマー様はセントーサ島にそびえ立って、シンガポール本島を守ってます(?)

4・5年前に友人との旅行でシンガポールに来たとき、ガイドさんが、マーちゃんはパパ(でかマー様)とママ(本家マー様)と子供(ちびマー様)の3人家族、と話してくれましたが、どうやら、もう1人、どこかにいるらしいですね。
まだ私は未確認ですが(^_^;)

さすがシンボル、大勢の観光客が写真撮影されてます。
皆さんノリが良くて、水を口で受けているように見せかけるポーズをされてました(笑)




マー様とのご対面を終えて、近くのチャイナタウンへぶらぶら。

チャイナタウン1
お土産ものもたくさん売ってます。

チャイナタウン2 チャイナタウン4
シンガポール最古の中国式寺院、天福宮 でお参り。
ここの賽銭箱に、「福田箱」と書いてあり、私たち2人は仕事で福田さんという方に大変お世話になっていたので、ちょっと2人でウケてました。
しかもN子はこの方とシンガポールへ来よう、と話していたのに1人で来ちゃったから、余計です。
ザンゲの気持ちを込めて、お賽銭入れておきました(笑)


ホーカー
ホーカーとして有名なMaxwell Food Centre にて。
豆花らしきドリンクを飲みました。
でも私は牛乳とか苦手で、これも豆乳がけっこうきつくて、たくさんは飲めず(>_<)


そしてこの日のメイン、ハイティーへ…!

と、その前に、まだ時間もあったし、バスルートだし、憧れのラッフルズホテルへ♪
ラッフルズ
シンガポール1の高級ホテルです。 全部屋スイートルームとか…!?
あのシンガポールスリングの発祥のバーが入ってます。
ラッフルズホテルオリジナルのお土産もたくさん置いてるのですが、高くて私には買えません…(T_T)


ウインドウショッピングをしているうちに、時間になり、ハイティーへ♪♪♪
今回行ったのは、Swissotel The Stamford Hotel の69階にあるEquinox

なんでここにしたかというと。

シンガポール・フライヤーに乗る代わり…(笑)

フライヤーは30ドルくらいかかるので、ハイティーも行きたいし、それなら一石二鳥ということで、この69階からの眺望を楽しみながらハイティーできるこのEquinoxにしました。

眺望は…!
64階1 素晴らしい…☆
64階2 64階3

ハイティー
でも時間内は眺望よりも、食べる方に必死でした(笑)
このためにお昼御飯、食べてなかったですからね~(^^)

ウワサどおり、3:30~5:00 の時間ピッタリしかないので、ちょっと気が焦って食べなくてはいけないのが残念(>_<)
料理の種類も少ないというか、自分が食べたい!と思うものがちょっと少なかったような?
食べたいものは全種食べれちゃいました(爆)
でも、食べたいものがたくさん並んでいても、それほど食べれないので、ちょうどいいのかな。
なんてゼイタクな話(^_^;)
その場で作ってくれるパスタが美味しかったです♪

ホテルハイティーも味わえて、シンガポールの眺望もできて、観光にはちょうどいいんじゃないでしょうか。


しっかり食べて、そろそろ帰宅。
もう夜ご飯は要りません。
昼食・お茶・夕食の兼用、と考えるとハイティーってお得ですよね。
※ Equinoxは38ドル++、 3000円くらいでした。)

まだ時間もあるし、お腹が重たいので、East Coast Park へお散歩に。

南十字星を見ながら最後の語らい…。



ホントに旅行が終わる気分。
もうすぐ現実に帰るときが来ます。

不思議ですね、私はいつもどおりのはずなのに。
ちょっと寂しい気分になってしまいました^_^;



Nちゃん、本当に来てくれてありがとう☆





続きを読む
プロフィール

kamo

Author:kamo
2008年12月より来星し、同時に結婚生活も始まりました☆
貴重な海外生活、でもセレブな生活にはほど遠い暮らしぶりを、マイペースに綴っていこうと思います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。